解約時に違約金が発生してしまうケース

WiMAXをはじめとするモバイルWi-Fiサービスの中には複数年契約を結ぶことを条件に、特別な割引が適用されるケースもあります。

プロバイダー契約

長期にわたり使い続けるなら問題ありませんが、さらに高品質な回線を求めたり月額料金を抑えたいなどの理由から乗り換えようと思っても、途中解約となれば平均で1万円程度の違約金が発生するほか、端末の分割払いをしていた場合は未払いの残債を一括で支払わなければならない場合もあり、この負担と手間を考えると諦めて使い続ける選択をするユーザーも少なくありません。

あるいはそれらの費用を支払ってでも中長期的に見ればトータルコストが安くなり、もっと快適になるなら別のWiMAXに乗り換えを検討するケースもありますが、乗り換え時に発生するイニシャルコストは決して小さくない負担です。

WiMAXではいくつものプロバイダが存在しているだけではなく、他社でもモバイルWi-Fiサービスに新規参入する動きもあり競争が激化しています。

そのため、少しでも多くのユーザーの囲い込みを目指してお得なプランやキャンペーンを提供している今こそが、乗り換えの絶好のチャンスと言えます。現在使用しているサービスに対して月額料金や回線品質に少しでも不満があるなら、検討の余地が十分あります。

初期費用0円で最新の端末ももらえる乗り換え方法

Broad WiMAXでは他社のWiMAXプロバイダからの乗り換えを条件に、お得なキャンペーンを実施しています。加入時の事務的手数料などの初期費用が0円になるほか、現在加入しているサービスを解約する際に発生する違約金も後日指定口座に振り込まれるという形で負担してくれます。

また、最新機種を含むWiMAX端末も無料でプレゼントされるのも嬉しいところです。これらを適用するための条件は、ギガ放題プラス3年プラン、ギガ放題プラス2年プラン、ギガ放題月額最安プランのいずれかのプランを選択し、クレジットカードで支払いを行い、安心サポートプラスとMyBroadサポートに加入する必要があります。

そして忘れてはならないのが、公式ウェブサイトからの申し込み時に「お乗り換えキャンペーンを希望する」にチェックを入れることです。

メールで契約

申し込みが完了すると案内のメールが送付されるので、現在利用中のサービスの解約を証明できる書類のコピー、または解約受付が完了した旨の画面のスクリーンショットをメールに添付するか、FAXで送信します。受理されると指定口座をメールで送信すれば、契約月から6ヶ月後にキャッシュバックが振り込まれるという流れです。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)