Wi-FiとWiMAXは接続する方法の一つ

新しく契約をするにあたり、Wi-FiとWiMAXのどちらにしようか迷っている人は少なくありません。しかし、残念ながら違いがよくわからなくて契約に迷っている人もいます。相違点を理解して契約することで、トラブルを回避できる可能性が高いです。

職場や自宅でLANケーブル
Wi-Fiは無線LAN規格の一種で、職場や自宅でLANケーブルなしでインターネットを接続できる方法となります。ケーブルなしで接続可能となっているところが特徴です。スマホやノートパソコンなどの多くでWi-Fi通信に対応しているため、ルーターを設置することで自宅内でどこででもインターネットを接続することができます。

WiMAXはインターネット通信回線の一つで、工事を必要とせず屋内外でインターネット通信ができるのが特徴です。広域エリア内のネットワークで接続することが可能となっており、利用エリア内の基地局を通して電波を送受信できます。

Wi-FiはLANケーブルの工事を行わなければならないため、自宅で無線LANケーブルの工事を行っていないと接続できないのがポイントです。WiMAXは工事をする必要がないため、賃貸で工事をせずに契約をしたい人には最適といえます。

WiMAXは早いけれどつながりにくいこともある

WiMAXは接続方法として賃貸だけではなく、工事をせずにネット回線をつなぎたいと考えている人に人気です。そのメリットなるのは、通信速度がほかの企画よりもスピーディーなことだといいます。

理論上他の通信規格よりも1.2倍ほど速い企画となっているため、非常にスピーディーに利用できるのがポイントです。優先の光回線よりは多少速度は落ちますが、他の無線通信よりは非常に速いと実感する人が多いといいます。

工事不要

また、工事をせずに利用できるところも魅力の一つです。無線でゲームや動画を楽しむ人に取って、通信制限は非常に問題といえます。WiMAXの場合、他の通信方法よりも制限が少なく、3日で10Gを超えると制限はかかりますが、それまでは快適に使えるのが魅力です。

ただしデメリットも存在しています。提供しているエリア内であっても、環境によりつながりにくいことがあるからです。障害物があると通過しにくい電波を採用しているため、障害物の多い所では電波の通りがよくないことでも知られています。

動画やゲームなどで非常に多くのデータのやり取りをした場合、超過した翌日の18時から翌々日2時まで制限をされてしまうのもデメリットの一つです。